読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売新聞の感想

読売新聞を読んで思ったことを書きます。

2017年1月9日の読売新聞の感想

子宮移植 初の申請へ

 病気などで子宮がない女性に、妊娠・出産を目的として第三者の子宮を移植する手術の臨床研究を、慶応大のチームが2017年内に慶応大内の倫理委員会に申請する方針だそうです。海外ではすでに実施例がありますが、日本ではまだないとのこと。

 生命維持に直接関係しない臓器の移植のために、臓器提供者に大きな身体的・精神的負担を与えるのは是か非か、という倫理問題と、移植臓器の拒絶反応を防ぐための免疫抑制剤が胎児に与える影響の評価が大きな課題のようです。子宮の移植は、臓器移植法の対象外のため死んだ人の体から持ってくることは現在のところ法律上できないそうです。

 この技術の基本的な流れとしては、夫婦間で体外受精した受精卵をつくっておき、移植した子宮に戻して出産するそうです。提供される子宮は母親など親族のものを想定します。記事にはこのように書かれているんですが、あらかじめ作る受精卵の卵子はどうやって持ってくるのかわかりませんでした。子宮はないけど卵巣はあるということ?

 最近の医療の発達はすさまじいなと思います。思いついた方法をやってみるためのツールボックスが非常に大きくなっているんですね。ただ、いくらお母さんだとはいえ、娘のために子宮をとるなんてのは苛酷に過ぎると思います。かなりの禁じ手だと思います。もちろん本人同士の合意があればよいですが、周囲のプレッシャーで意志決定をさせられてしまうという場合が絶対にある(このことは記事でも指摘されていました)ので、議論が必要ですね。

 

政界の「女性推進」暗礁

 国や地方議会の女性議員を増やすための議員立法「政治分野における男女共同参画推進法案」が成立しない恐れがあるそうです。与党+日本維新の会と野党4党で考えに齟齬があり、別々の法案提出になりそうなんだとか。立候補者の男女比率を「均等」とするか「同数」とするかで分かれているそうです。この法案は、強制力のない理念法だそうです。

 制度として女性の比率を定めることに、僕は懐疑的です。たとえば、定員が10人の募集に意欲がある男性8人と意欲のない女性5人がいた場合、意欲のある男性のうち3人は切り捨てられてしまいます。これは男女を逆にしても同じことです。そもそも、男性と女性で従事しようと思う仕事に偏りがあるのだから、意欲的な人材の男女比に偏りが出るのは当然です。

 男性と女性で従事しようと思う仕事に偏りが出るのは、制度が整っていないからという説明もできるかもしれませんが、僕はそうは思いません。体のつくりの違いがある以上、男女でやりやすい仕事とやりにくい仕事が偏るのは当たり前のことです。制度として、意欲的な人間の道を閉ざすようなことはあってはなりませんが、なにも画一的に男女比にてこ入れする必要はないと思うのです。

 ただこの法案の場合、政治家ならあんまり男女で変わらないし、強制的に入れられた女性が活躍する姿を見て、意欲的に政治家をめざす女性が現れるということは考えられますから、あながち悪いものではないのかもしれないと思いました。

 

読売歌壇・俳壇

 今週はこの歌が好きでした。

 母の忌は徐々に簡素に兄弟とその連れ合ひと犬が一匹

 (前橋市 豊嶋秋生さん 選者:小池光さん)

 人は、人が亡くなってからもその死を弔い続けていきます。それでも、生きている人は亡くなった人をどんどん忘れていきます。周忌が進むごとに身内だけになりいつしかその人を覚えている身内の人もいなくなっていく。その過程の寂しさが伝わりました。

 

 俳句はこれが好きです。

 一行で終わる日もあり日記果つ

 (神戸市 岸下庄二さん 選者:小澤實さん)

 自分が日記を書くときは、結構くどくどと書くのですが、それでも短い日と長い日ができてきます。いろんな日々が重なって一冊の日記帳が成るというところに思いがあり、この句が好きだと思ったというわけです。

 

おわりです。

 

 

2017年1月8日の読売新聞の感想

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 

保育所苦情 自治体75%

 保育施設の子供らが出す音や声を「うるさい」との苦情を受けたことのある自治体が全国主要146自治体のうち109(75%)にものぼるそうです。苦情が原因で保育施設の開園が中止・延期になったケースは16件ともなっているそうです。

 うまくいっていない例としてあげられていたのは、どうしても強く反対する人がいる以外にもいくつかあったそうです。たとえば、八王子市で開園にあたって地域住民が「自分の家の窓に防音を施してほしい」という要望をしたケースでは、業者が「どこまで対策を行えばいいのかわからない」として計画を取り下げたそうです。

 うまくいったケースもあります。保育園側が事前に話し合いの場を多く持ち、防音設備の充実や地域のお祭り会場としての利用を自治体に提案。町会役員が計画に賛同し、住民一戸一戸の説得役を務めました。その結果開園した保育園は、現在地域との良好な関係の下で運営できているそうです。

 なかなか根の深い問題ですが、いくつかうまくいっている例もでてきているようです。機械的に制度を準備してどうにかなる問題ではないので悩ましいですね。

・地域住民に対する配慮の姿勢を見せること

・住民側がある程度のところで妥協すること

の二点が重要なのはもっともです。ただ、こういうのってお互いに非常に骨が折れるので、もう少しうまい仕組みができないだろうかとも思ってしまいます。

保育園問題もそうですが、東京をはじめとする都市部の人口が多すぎるのが原因ですよね。札幌・仙台・名古屋・神戸・広島・福岡などに匹敵するような大きな地方都市をもう少し増やせればある程度緩和できると思いますが、それこそ大事業ですね。

 

ガザ過密 生活危機

 パレスチナ自治区のガザで、人口が200万人を超えたそうです。パレスチナイスラエルによる経済封鎖を受けていて、パレスチナ人がガザから出ることは制限されているため、人口が過密になる一方です。琵琶湖の約半分にあたる面積360㎢に、札幌市の人口にあたる200万人が暮らしているそうです。平均失業率は41%、人口の8割が食糧援助に頼らざるを得ないそうです。

 毎月1500人のペースで出産を手掛けるガザの病院では、保育器を代わるがわる使わなければならないようです。このままのペースで人口が増えると、2020年には「居住不能」になると国連が警告しているそうです。しかし、ガザの人はイスラエルの許可なくガザ外にはでられないし、許可が出るのは病気やけがなどの緊急時のみ。天井のない監獄といわれています。

 かなり厳しい状況に置かれている人が200万人もいるということですね。不満が溜まって暴動が起きそうな気がします。実は背景にどういう問題があるのか全然知らないので、機会を見つけて勉強しようと思います。

 僕は全然外国への憧れとかがなかったし大学受験に向けた勉強も必要なかったせいで、世界史が絶望的です。この間、第一次世界大戦はどことどこが争ったかを聞かれて答えられず、大変恥ずかしい思いをしました。実は第二次世界大戦もあやしいです。

 

おわりです。

2016年12月28日の読売新聞の感想

世界深層 インド5億人トイレなし

 最近経済成長が著しいインドですが、全国民の半分ほどにあたる5億人以上が、日常的にトイレを使用していないそうです。この5億人という人数は、世界で野外排泄をする人の約6割にあたるそうです。

 この野外排泄は、なにより衛生的に問題があります。インドでは、5歳以下の子供が感染症で年間およそ20万人が死んでいるそうで、その原因は野外排泄とされています。また、女性や子供は排泄中に乱暴される事件が後を絶たないそうで、このような点でもよくありません。現在のインドの首相であるモディさんは、トイレ普及キャンペーンを打ち出し、少しずつ普及してきてはいるそうです。

 大学の時の先輩が、インドに行った時の話をしてくれたことがあります。数人で同じホテルに泊まったそうですが、食べたものが良くなかったのかみんなお腹が痛くなって、交代交代でトイレを使っていました。そんななか、ホテル全体が停電し、なかなか復旧しなかったそうです。そこで先輩は、フロントに文句を言いに行きました。早く何とかしてくれ、という先輩に、フロントの人はこう言いました。

「そんなことよりほら、空を見てみろよ。星が綺麗だぜ」

 先輩はそんなインド旅行の感想を次のように述べていました。

「インドはクる、次の時代はインドだ、とか言われてるけど、これインド来ねえよ」

 今日の新聞のトイレの話を読んで、先輩と同じく「インドは来ないんじゃないかな」と思いました。

 

おわりです。

2016年12月26日の読売新聞の感想

若者の消費 身の丈未満

 ニッセイ基礎研究所が発表した30歳未満の単身者世帯の消費支出のデータと、最近の街の動向を踏まえた若者の消費行動に関する記事がありました。可処分所得は増えているにもかかわらず、消費は伸び悩んでいるそうです。

 1980年代以降生まれの世代の消費行動が、かつてに比べて大人しいと言われて久しいです。クリスマスシーズンのプレゼント選びに、それが顕著に出ているそうです。昔は20代はブランド品を競うように買っていたのに対し、現在は5000円前後の手袋など、手ごろなものを選ぶそうです。パーティも、外食よりケーキを予約して自宅でやったりする人が目立つといいます。

 車も売れません。海外旅行も勢いがなく、20代のパスポート取得率が1989年では8.6%ほどだったのが、2014年には5.9%だそうです。もともと少ないですが、少なさに拍車がかかっているというのが現状です。ニッセイの人は「若者はバブルを知らず、物価が上がらない不況の中で育ってきたので、節約志向も強い」と述べています。

 自分の身を振り返ってみると、現在よく言われている若者の消費行動は実感としてわかります。大卒の多くは奨学金を借りているし、奨学金を借りていなくてもそう多い給料をもらえるわけではないので節約志向が強まるのはむべなるかなといった感じがします。でも、そういうのは二の次三の次で、消費行動がこのようになっているのは、若者の欲が足りないとかそういうことではないと思います。

 身の回りにある様々なものが、ハイクオリティに、そして安価に利用できるという、ただそれだけのことだと思います。たとえば東京に住んでいれば車なんてなくても簡単に好きなところに行けます。スマホがあればそれなりのクオリティのゲームができます。それこそ、初代プレステ程度のゲームなら1000円もしないでできます。牛丼もおいしいし安いです。そんなところでわざわざお金を使うことがあるでしょうか。

 東京以外に住んでいる友達は、車を持っています。それは必要だからです。そういう人たちは、東京に住んでる友達に比べて給料が多いかというとそんなわけでもありません。結局、必要なら買うしいらないなら買わない、ただそれだけの話だと思うのです。

 いろいろと、生まれたときから不況で…などとこじつけるのが流行っていますが、全然関係ないし的をはずしていると思います。

 

読売歌壇・俳壇

 今週はこの歌が好きでした。

 買って来し卵に賞味期間書きついでに一寸目鼻を書きぬ

 (東京都 白木静子さん  選者:小池光さん)

 日常詠、極まれりといった趣です。卵は10個入りのを買ったんでしょうけれど、一つ一つに違う顔を書いて、泣いたり笑ったりさせたに違いありません。その日の気分に合わせた卵を料理に使うのもまた、楽しいですね。悲しいことがあった日は、飛び切り笑顔のものを選ぶとか。

 俳句はこれです。

 熟柿吸うああうまかつたうしまけた

 (市川市 白土武夫さん  選者:正木ゆう子さん)

 「うまかった、うしまけた」、「何か用か九日十日」などの語呂合わせは、地口というそうです。馬勝った牛負けた、は、うちの祖母がよく言っているのでそれに引きずられて好きだなぁと思いました。いわゆる一つのユーモアですが、この手のものは大好きです。

 

おわりです。

 

2016年12月23日の読売新聞の感想

2017年度予算案閣議決定 主な事業のポイント

 22日に政府が2017年度の予算案を決定しました。その内容が見開き2面を使ってまとめられています。

 一億総活躍社会関連の予算では、保育士・介護職員の待遇改善推進に振り向けられる分が確保されているようです。保育士関連では544億円で、給与を全員2%引き上げ(月額平均6000円)るほか、実務経験に応じた役職を割り当てて賃金の底上げを図るそうです。ほかにも、働き方改革関連では2000億円が振り分けられたそうです。

 教育関連では給付型奨学金創設にあたって70億円を基金として確保するそうです。

 僕が結婚して子供を持つころには保育園余ってまっせ状態になっててほしいので、この勢いでずんずんやってほしいです。

 

論点スペシャ司法修習生給費、復活の是非

 司法修習生の給費制度が復活することが閣議決定されました。月額13.5万円の支給で、家賃を支払っている場合は3.5万円上乗せだそうです。司法修習生の給費は5年前に廃止され、貸与に切り替えられたのですが、今回の決定で復活することになったようです。司法修習生は、司法試験合格者が各地方裁判所に派遣され1年間の修習を行うのですが、その間副業やアルバイトは許されないそうです。また、カリキュラムがかつては2年だったけれどもだんだん短縮して現在の1年間になっています。そのことで、修習生は司法試験予備校などに通い、足りない分を補う必要があるとのことです。(司法修習生のことについてはwikipediaを引きました。)司法試験予備校にどれくらいのお金を払うのかはよくわかりませんが10-30万円くらいだと考えて記事を読みました。

給費制度復活について3人の識者が意見を述べていました。

 元内閣法制局長官 阪田雅裕さんは、次のように述べます。給費にする必要はなく貸与でも十分返済は可能だと考えられるし、給費にすることが法曹人口の増加にどれだけ寄与するかは疑問。理想的には給費がいいが、限られた財源の中で優先すべきとは思えない。そもそも、こういう給費にお金を使うのではなく、教育内容の充実に予算を振り向けるべきだ。

 政策研究大学院大学福井秀夫さんは以下のように言っています。今回の決定は、司法制度改革の理念に逆行していて国民の利益に反する。司法修習生や若手弁護士の経済的困窮が法曹志望者の減少につながっているという意見もあるが、それは貸与で十分支援できる。ほかの職業に就く人には支援がないのに、司法従事者にだけこのような制度があるのはおかしいので、政府は再考すべきだ。

 日弁連副会長 中村隆さんは次のように述べます。現在の法曹志望者の減少は、法曹になるまでの費用が高すぎることだ。司法修習生はアルバイトはできないし、修習期間の貸与に加え、司法試験合格までに通う大学・大学院の学費生活費に加えて奨学金の返済をしなければならない。600万円以上の負債を負う人も少なくない。また、弁護士の初年度所得の平均は2008年に624万円だったところが、2015年には327万円と減少しているうえ、退職金もないので一般の会社員などと比べて割のいい仕事でもない。今回の決定は、20万円台の給付を念頭に置いていた我々(日弁連)にとっては満額回答とはならないが、一歩前進したと言える。

 バランスのとれた意見が集まっているなぁと思いました。僕自身は給費制は肯定的にみています。法曹になるには、大学・法科大学院は必修で、さらに司法試験のために予備校に通う必要があるとよく聞きます。最後の日弁連副会長中村隆さんの話が本当であれば、僕なら絶対にあきらめます。

 自分は理系の大学・大学院に通いましたが、生活困窮とは言わないまでも、増えていく借金(奨学金)におびえながら将来の不安にさいなまれて暮らしていました。自分が真面目に研究者を目指さなかったのはそれも大きな要因の一つです。その肌感覚と照らし合わせると、司法試験合格後の研修のような制度でもさらに借金が増えるのか、と絶望的な気持ちになります。

 そこで、給費制があると聞けば、そこまでがんばればとりあえず借金の増加は止まるので一つの中継地点的な感じになって少しは不安感が和らぎます。大学院博士課程の学生の一部は、学振という制度で月額20万円くらいもらえますが、それに似たようなものですね。

 人数の減少が問題となっているのなら、それはやはりお金を出さないと人は集まらないと思います。高邁な精神だけがあり、目標にひたすら前進するような人は、素晴らしいように見えますが現実的な問題を全く解決できないと思います。お金に基づいた損得勘定もできないと、法律に基づいた人助けはかなりやりにくいように思います。

 

おわりです。

2016年12月22日の読売新聞の感想

もんじゅ廃炉を決定

 もんじゅ廃炉の続報が載っていました。21日に政府は原子力関係閣僚会議を開き、もんじゅ廃炉を正式に決めました。ただ、核燃料サイクル政策は維持する方向で調整を進めて、実証炉の開発をめざすという方針を打ち出したそうです。

 高速炉には実験炉、原型炉、実証炉、実用炉と実用化に向けた4段階があるそうです。もんじゅは原型炉で、政府の方針ではその次の段階である実証炉の開発に向けて準備を進めるようです。

 びっくりしちゃったんですけど、原型炉のもんじゅでうまくいかなかったのに実証炉を造ろうというのはどういう根拠があるのでしょうか。記事にはあまり詳しく書いてありませんでしたが、とっても気になるところです。とりあえず、もんじゅの運用によって「知的資産が蓄積されて」いて、「実証炉の設計段階に向けた開発作業に着手することは十分に可能」だということです。不思議ですね。

 

おわりです。

2016年12月20日の読売新聞の感想

反物質 測定に成功

 CERN(欧州合同原子核研究機関)が、反物質の性質を精密に測定することに成功したそうで、19日付のNatureに載ったそうです。人工的に作製した反水素を磁場中に閉じ込め、レーザー光でエネルギー変化の様子を測定したそうです。

 この研究かなりすごいのではないでしょうか。こういう素粒子物理学のことは、どこまで進んでいて今のところの限界がどこなのかはよく知らないのですが、見出しを見て心躍りました。反物質の基本的な性質もよく知らないのですが、レーザー光を当てるということは物質であるところの光子が当たるわけだから消えてしまうのでは?その消えてしまうまでの過程を観測したということなのでしょうか。論文が手に入らないのでアレですが、論文が読めたところで理解できないと思うので無問題です。

 

現金志向 一層強まる 「タンス預金」78兆円

 日銀の統計では、個人の金融資産の残高は1752兆円で、そのうち現金・預金が916兆円、投資信託は88兆円、株式等は150兆円となっているそうです。その中で現金、すなわちタンス預金は78兆円にもなるそうです。日本人は割合貯金を好み、投資はしないそうです。そんな性質に、社会保障や年金制度の不安が相まって投資が進まないという現状があるそうです。

 最近株式投資をやってみたのですが、ちゃんと考えてやれば預金の利息よりも格段にいい率でお金が増えるのでよさそうだということがわかりました。貯金しておくよりも、投資するほうが社会に回るお金も増えるし、うまくやれば自分のお金が結構増やせるのでいいんじゃないかなと思います。下手をこけばお金が減ってしまうんですけどね。

 

指導要領「探求的な学習」拡充へ

 京都市立今堀高校の例が紹介されていました。全生徒が週二時間、1年半をかけて一つの課題の答えを見出すために研究をし、論文にまとめるそうです。10人前後の「ゼミ」に分かれて授業が行われ、発表の場では教諭や大学院生、同級生などからの鋭い質問に答える必要もあります。選ばれるテーマは様々で、「カビを抑える研究」「国連公用語で日本人が上達しやすいのはなにか」「納豆のねばねばで水質浄化」「集中力と時間の関係」など。どれもすこし調べれば答えが得られるものではなく、実験や調査、推論が必要な歯ごたえのある課題であり、それに対する少しでも良い答えを導き出すのが目標なのだそうです。

 素晴らしいことだと思います。きっとこれらのことがうまくできない生徒も多いと思いますが、やってみてうまくできないことがわかっていることと、やっていないのでうまくできないことさえわかっていないのでは雲泥の差です。試行錯誤の末に何らかの成果が出ればそれはもちろん素晴らしいですし、もしも成果が出なくても一つのことにきちんと向き合って考えたという経験は強みになるはずです。こういうスタイルの教育がきちんと運用できる学校が増えればいいのですが、実際にはこういうカリキュラムを導入するだけでOKなわけでないので難しいですね。

 

夢の増殖炉計画 終幕

 福井県敦賀市高速増殖炉もんじゅ」の廃炉が決定したそうです。消費した以上の燃料が得られることが最大の魅力である高速増殖炉もんじゅは、1994年4月に初臨界し、運用を開始することになりました。しかし、95年12月に冷却用の液体ナトリウムの漏えい事故が起こります。メーカーの設計ミスと事故対応の欠陥、事故記録の隠蔽などが重なり、2010年まで再稼働ができませんでした。それからすぐに、燃料交換装置が原子炉内に落下。そのうち2012年に福島原発の事故が起こり原子力技術への風当たりがきつくなり、今回の廃炉決定という経緯があります。事故は2度起こっていますが、そのたびに責任者が自殺しています。臨界から22年でたったの250日しか稼働していなかったそうです。

 もんじゅは、廃炉が決定しましたが、ナトリウムの実験施設としての活用が検討されていたり、敷地内に試験炉を設置して人材育成に資する構想もあるそうです。日本の原子力研究は、日仏共同開発の高速炉「ASTRID」を使って進めていくとのことです。

 高速増殖炉のしくみは学校で習ったときすげーじゃん、と思いました。原理的に可能なのに、しっかり運用すれば防げた事故と世論の風当たりの影響で頓挫してしまうのは残念です。しっかり運用すれば、というのがかなり難しいというのもよくわかったので、計画立案だけで満足するような暮らしはやめないとな、という思いも新たにしました。

 

おわりです。