読売新聞の感想

読売新聞を読んで思ったことを書きます。

2018年3月23日の読売新聞の感想

英、円満離婚の道険し

 英国のEU離脱の期限まで残り1年となり、その概要をまとめた記事が国際経済面にありました。基本的に、離脱が決定した直後からある問題は解決していません。そもそも初めから、英国の態度が「離脱はしますけども、経済的なやり取りはいままで通りよろしく!」なので、うまくいくわけないのでは、と思います。主張は平行線で、離脱までに合意はまとまらないか、英国に利益の少ない結果で終わると思います。というか、そうならないと道理がないように思っています。

 

「超金融緩和」社会の行方は

 日銀総裁黒田氏の二期目が始まるにあたって、有識者三人の考えが載っていました。経済ジャーナリストの荻原博子さんの意見では「現在でもデフレは脱却できておらず、デフレ状況は続くので現預金を持っておくことが大切。日本の財政赤字の影響で、やがて円安やインフレが起こるので投資に振り向けるべきとの意見はあるが、それは物価が上がり始めてからでも間に合う」とのこと。

 本当にそうかなぁと思いました。確かに物価は上がっていないですが、インフレに向けた準備はしておいたほうがいいのではないかと思います。デフレが進行する(物価が下がりつづける)のであれば、確かにそうだなぁとは思いますが、進行しているわけではなさそうというのが実感です。自分が高校生・大学生の時より、モノに払う必要のあるお金は増えているように見えます。食べ物の話ですが、マックのハンバーガー80円だったり松屋豚めしが280円だったりしましたね。現在の価格は、賃上げ圧力による価格上昇のせいであって経済全体のインフレ・デフレとは関係ないということ?経済の末端(個人)にわたるお金が多くなれば、モノの価格も上がる、それはつまりインフレ傾向なのでは?

 このあたりのことは実感や知識が少ないので正しく考えが進められているかわかりません。まぁでも、経済なんてものは予想してもどうせ当たらないし、自分がいいと思う方法で暮らすしかないよな、と思っています。

 

NHKワンセグ訴訟 高裁も「受信料義務」

 テレビは持たず、ワンセグ携帯だけを持つ人の受信料支払い義務をめぐる訴訟で、東京高等裁判所で「受信料支払い義務がある」という判決が出ました。これまでに地方裁判所で同様のケースでの訴訟が6件あり、うち5件が義務あり、1件は義務なしとの判決でした。義務ありとなったうちの2件が高裁に控訴し、2件とも義務ありの判断となったようです。地裁で義務なしとなった控訴審の判決は26日に出るとのこと。

 NHKの推計では国内5449万世帯のうち、ワンセグ携帯のみを持つ世帯は16万世帯で、全体の0.3%になるそうです。この人たちに影響が及ぶ内容です。

 訴えの内容に「持ち運びできる携帯電話の所有は、条文に定めるところの「受信設備の設置」に該当しない」というのがありますが、それは屁理屈では、と思います。とはいえ、ワンセグ携帯の所有で支払い義務が生じるということに納得がいかないというのも理解できます。だってあんなのでTVなんか見ないじゃん、って。日本の携帯電話会社が「携帯にテレビついてたらよくない!?」って言ってやりださなかったらよかったのになぁと思っています。ワンセグでよくTV見る人ってほんとうにいるのかな?

 

おわりです。

2018年3月20日の読売新聞の感想

プーチン氏最高得票率

 ロシアで大統領選の投開票があり、現職のプーチン大統領が76%の圧倒的な投票率で再選したそうです。投票率は67%とのこと。

 なにか悪いことしてるんじゃないかというくらいすごい得票率ですね。記事では、国民の目に「外敵の脅威」と映る出来事が多かったことがその一因だと分析されていました。脅威とは、たとえば、平昌オリンピックで、国ぐるみのドーピングの疑惑で出場が禁じられたり、イギリスでの襲撃事件でロシアの責任だと非難を受けたりなどです。一方で、対立候補となりうる人物の出馬が軒並み認められなかったりと平等性に疑問が出ているようです。

 ロシアの憲法では3選が禁じられているため、これから6年の任期が切れた後はどうなるのか、という観測ももうすでになされているようです。プーチン氏はそのつもりはないと述べているそうですが、憲法改正で任期撤廃を図るのではという見方も。中国でも日本でも総裁の在任期間を伸ばそうという動きがありましたね。一人の指導者が座に居座り続ける統治の仕方のほうが、良い指導者の下であれば安定しそうとは思いますが…。

 

おわりです。

2018年3月10日の読売新聞の感想

トランプ氏「会う」即答

 韓国特使が北朝鮮金正恩委員長と会談した結果、米朝首脳会談が実現される見込みが強まりました。金委員長は、「トランプ大統領と直接会って話したい」と韓国特使に告げ、このことを8日、韓国特使からトランプ大統領に伝えたそうです。それに対し、トランプ氏は「よし、会うぞ」と即答したとのこと。金委員長は、非核化の意思も示し、ミサイル発射実験なども当面差し控えるとのこと。その際金委員長は、「未明に発射して緊急会議のために文大統領を寝不足にすることはもうない」と述べたそうです。

 突然考えを翻して、その意図はなんなんだろう、と思いました。疑問なのは、本当に非核化の意思があるのかという点です。安易な考えですが、トランプ大統領を自国におびき寄せて暗殺するつもりでは?などと思ってしまいました。実際このまま友好的にことが進んで、軍事的な緊張がなくなればいいなと思います。

 

忘れ物捜し 手助け

 Bluetoothを利用した「忘れ物防止タグ」がたくさん発売されているようです。タグと自分のスマホを通信させておいて、最後に通信が途切れた場所を表示する仕組み。その場所に行けばなくしものが見つかるというものです。また、落とし物の近くを他のだれか(同じ製品のタグ)が通過したときに、自分の落とし物とその人のタグが通信し、落とし主に通知が行く機能もあるとのこと。これは、「通過しただれか」には知られない仕組みなので、人に知られずに落とし物の位置が特定しやすくなります。

www.amazon.co.jp

 かなり小さいので、ちょっとしたチャーム感覚でつけられていいなあと思いました。いろんな工夫があるのだなぁと感じる商品ですけど、価格帯が3000~4000円くらいとそれなりにするので、自分はあんまりものをなくさないし買わないですね。1個500~1000円くらいなら保険として買おうかなとは思いました。紹介されているものは結構多彩な機能があります。あまり多機能でないものならそれくらいの値段で作れないものでしょうか。

 

おわりです。

2018年3月9日の読売新聞の感想

昨日の新聞の感想です。

 

土地 マイナンバーで管理

 増え続ける所有者不明土地の対策のために、登記簿や戸籍などの情報を一括管理することを検討しているようです。土地の持ち主の死亡情報をひもづけて、登記漏れを防げるようにするのが狙いです。

 マイナンバーが導入されたときに、当然こういうこともするんだろうな、と思っていましたが、やっと検討する段階なんですね。マイナンバーの運用状況を見ていると、せっかくあるのにもったいないというのが正直な感想です。

www.nikkei.com

 コンビニでの住民票交付などは、マイナンバーカードの仕組みを利用したかなり強力な制度だと思います。しかし、引用した2016年9月の記事によれば、その時点で250団体、全体の15%ほどしか実施されていないようです。前に住んでいた区では利用できましたが、10月に引っ越して転入した先の市では利用できませんでした。市報に今後の導入予定が書かれていましたが「費用対効果を見極めて検討する」という実質しばらくやりません、というような記述でした。

 もともと、情報の管理窓口がさまざまで、そのうえ窓口間の連携がうまくいかないという「官僚制のめんどうくさいところ」がモロに出ている状況だったんだと思います。所有者不明土地が出る原因は、登記簿の管理者である法務局と、遺族が死亡を届け出る自治体との間での情報共有ができないことに起因します。国民としても、何をどこに申し出ればすべての話が通るのかがわかりにくいので申告の手間がかかります。

 こういう事務手続きは面倒なわりに実りが少なく、しかしうまくいかないと被害が大きいという特徴があるので、どんどん効率化しないとだめだと思います。このことは、効率化もそうですし、不正も取り締まりやすくなるはずです。

 

おわりです。

2018年2月28日の読売新聞の感想

8、9面 国際面

 見開きの国際面をざらっと眺めてみると、世界で起こっていることは大変激烈なことばかりだな、と思いました。載っていたのは、ロシア、中国、シリア、サウジアラビアベネズエラ、EU、マケドニア、アメリカのことです。

 ロシアは、連邦という位置づけなので多くの国々から成り立っています。タタルスタン共和はその国の一つで、トルコ系タタール人が約半数を占める国。公用語はロシア語とタタール語となっています。しかし、タタルスタン共和国当局は、プーチン大統領の意向を汲んで、小学校でのタタール語の授業を必修から外す、という判断を下したそうです。言語を取り上げることは、国民のアイデンティティを大きく揺るがす暴挙です。こんな時代にそんな乱暴なことがまだあるのか、と驚きました。

 一方中国では、習近平政権が国家主席の任期撤廃を掲げる改憲案を示したそうです。独裁につながる懸念から、国民の批判が噴出しているそうです。中国も結構言論統制が厳しいようですが、危険を冒してでも批判を表明したい国民が多くいることは重要なことだと思います。

 シリアでは、アサド政権と反政府勢力との戦乱が起こり続けています。27日から「人道的停戦」として1日のうち日中の5時間停戦することになっているそうです。しかし、アサド政権側はその時間帯に攻撃を行い18人の死傷者が出たそうです。記事には、戦争状態の地域で暮らさねばならない市民の惨状が細かく記されていました。

 こういった情報に関連すると、日本では9条の改憲などは緊張感を伴う話題ではあります。「戦争のできる国にするのか」といった批判は、戦争の悲惨さに嫌悪感をもち、起こしてはならないという強い気持ちがあるんだな、という点では納得しています(賛同はできませんが)。戦争ができないようにしておけば起こらないというわけではないし、自衛隊は戦力ではないというのはやっぱり無理があると思うので。北朝鮮に対しての防衛技術の話題も最近多いです。人が一気にたくさん死んでしまうような出来事は起こらないでほしいです。

 

東京大学入試問題(代ゼミの広告?)

 載っている教科が、国語、英語、世界史、日本史、地理でした。数学くらい載せればいいじゃないのよ、1行で済むやつあるでしょ、と思いました。

 

おわりです。

2018年2月25日の読売新聞の感想

昨日は、結局ためていた新聞を読むだけで終わってしまいました。5日分も読むと疲れてしまい感想を書くにまでいたりませんでした。和歌の感想ブログになりつつあるという意見も出ていますので、真剣にニュースの感想を書きます。

 

「露のクリミア」誇示 「領土」否定発言で服役

 ある男性は2014年末に、「クリミアはウクライナの領土」という旨の記事をSNSに書いて友人に拡散しました。ロシアは2014年3月にクリミア併合を宣言しており、その際刑法の改正を行っています。その改正刑法は「ロシアが領土と規定した土地を「領土ではない」と発言すると罪になる」というもの。記事を書いた男性は記事投稿の半年後、その法律を根拠に逮捕され、2年3か月服役することになってしまいました。出所後、当局の監視を受け続ける生活に耐え兼ね、妻子とともに泣く泣くウクライナへと亡命することになったそうです。

 この話は、言論の自由を奪うということで、ロシア国内のあまり平穏でない様子を感じさせます。そして、日本人の立場で見ると、北方領土は絶対返ってこないよね、という気持ちになりました。ロシアの国家は知らないところでかなりハードな行動をとっているんですね。ほかにも知らないことはたくさんありそうで怖いです。

 

おわりです。

2018年2月19日の読売新聞の感想

今週は全然読みませんでした.なので今夜たくさん読もうと思います.その手始めに,月曜の読売歌壇・俳壇について書きます.

 

読売歌壇・俳壇

 今週はこの歌が好きでした.

 生活の全てと思しき荷を横に少女は眠る明けのマックに

 (町田市 冨山俊朗さん 選者:小池光さん)

 一枚の写真のようなたたずまいがあり,気に入りました.

 

 俳句はこれが好きです.

 寒雀皆若かろう群をなし

 (東京都 駒形光子さん 選者:宇多喜代子さん)

 野生の生き物は,年齢不詳ですね.でもきっと若い.幼くては立派に暮らすことはできませんし,老い衰えれば死あるのみです.群れをなす雀たちを見ていて,どこかでなにかがつながったのでしょう.

 

おわりです.