読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売新聞の感想

読売新聞を読んで思ったことを書きます。

2016年4月20日の読売新聞の感想

与党 増税延期論広がる

 かねてより大震災級、リーマンショック級のことが起こらない限り延期はないと言ってきた与党でしたが、熊本地震のことで方針を考えているそうです。野党は「延期すればアベノミクスの失敗を認めることになる」ということで批判しようと構えているそうです。実際、今回の地震は大震災級だし、延期の理由になるのでは、という声と、東日本大震災のときに比べ、津波原発の被害がないのでそこまでではないのでは、という声が拮抗して、難しい判断を強いられているということだそうです。あと、復興に資金が必要なところで衆参同日選なんてことにお金使ってる場合じゃないよね論もあると書いてありました。

 まぁ僕野党ほとんど嫌いなんですけど、やっぱりこの「延期すればなんちゃら」という批判の理由付けがホントになぁ、という気持ちになります。増税に反対してたんだから、「延期した~やった~」で祝勝会でもやればいいのに、なんでわざわざ増税したことに批判しようとするのか、その神経が分かりません。この情報は新聞側の「野党はホントになぁ」と思わせるための黒い思惑なんですか?詳しい人がいたら教えてください。

 あと、今回の地震が大震災級なのか否か論は結構いろんなひとの感情が入っちゃうのですごく難しいと思います。被災者にとってはそんな議論がなされてること自体なんか嫌だと思うし、超慎重にやらないといけないですよね。

 

おわりです。