読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売新聞の感想

読売新聞を読んで思ったことを書きます。

2017年4月15日の読売新聞の感想

自動運転 止まらず追突

 千葉県八千代市の路上で、日産自動車の試乗車が人身事故を起こしていたそうです。試乗の際、販売店の店員とお客さんが乗っており、お客さんが運転していました。自動ブレーキ機能を備えた車で、それを体験してもらうべく店員さんは「ブレーキを踏まずに我慢してください」と指示。お客さんは言うことを聞いてブレーキを踏まずにいたら、自動ブレーキが作動せずに追突し、前の車に乗っていた夫婦に軽いけがを負わせたとのことです。

 運転者のお客さんは過失運転致傷、店員さんは業務上過失傷害でそれぞれ書類送検されたそうです。警察は、基本的にこのようなケースでは「事故の責任は運転者にある」とする通達を出しています。

 僕がお客さんの立場だったら、勘弁してくれよ、と思います。しかし、運転席に乗ってる人が責任を負うというのもまた、妥当だと思います。自動運転車に関する法律がまだ整備されていないのと、自動運転車が発達し切っていないので、こういう事故は結構起こると思います。車を買う予定はないのであまり関係ないですが、なるべく試乗したくないなぁと思いました。

 

おわりです。