読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読売新聞の感想

読売新聞を読んで思ったことを書きます。

2016年3月16日の読売新聞の感想

阪神・西武も「声出し」祝儀

 巨人で明らかになった、選手間のお金のやり取りについて、阪神、西武でも相次いで明らかになったそうです。「声出し」のルールは記事からはよくわからなかったですが、練習のノックで、ミスすると500円支払うなどのやり取りがあったそうです。集めたお金は選手の食事会などに充てられていたということでした。

 正直何が問題なのかさっぱりわかりません。これは、僕のモラルが低いからなのかわかりませんが、

 ・同意の上で

 ・そう大きくない金額を

 ・勝利の褒美、ミスの罰としてやりとり

というのは、試合へのモチベーションが上がるし、見るほうもお得なのでは?見せるほう(球団とか球場関係者)もいいのでは?こんなことわざわざ掘り返さないでもいいのでは?と思います。野球賭博の問題とか八百長とかとは遠い話ですし。しかも、お金のやり取りをする選手たちにとってその程度の金額が何に影響するというのでしょう。しかも使い道は選手の親睦を深めるための会。いったい何が悪いのか。

 いろんなところから遊びが消えて、残念だと思う人は多いと思います。

 

おわりです。